【AV女優並み!?】デリケートゾーンの黒ずみを綺麗にする方法

MENU

【AV女優並み!?】デリケートゾーンの黒ずみを綺麗にする方法

デリケートゾーンの黒ずみを綺麗にする方法をわかりやすく解説しています。よかったら参考にしてみて下さいね。

デリケートゾーンが黒ずむ原因

 

デリケートゾーンが黒ずむ原因について説明します。

 

下着の締め付けや摩擦

デリケートゾーン(VIOライン)は、下着やショーツの締め付けや摩擦で刺激を受けやすく、それが積み重なることで黒ずみになってしまいます。下着のゴムの部分が毎日あたる『腰回り』や、『脚の付け根(Vライン)』などは特に黒ずみやすくなってしまうので、自分で気を付ける必要があります。

 

きつめのショーツや下着のゴムで圧迫された皮膚は、外部刺激から身を守るために、肌細胞(メラノサイト)から黒ずみの原因であるメラニンの生成を活発にします。下着に触れている部分は無意識に肌の摩擦や締め付けを繰り返し起こしているため、自然とメラニンの生成がさらに活発になってしまいます。

 

肌のターンオーバー(新陳代謝)がそれによって乱れると摩擦刺激で生まれたメラニンがそのまま蓄積されて徐々に肌に黒ずみとなって表れてしまうのです。

 

妊娠や出産

妊娠や出産を機に、ホルモンバランスが乱れてデリケートゾーンや乳首などの部位の黒ずみが悪化してくるケースも多いです。外部からの刺激から肌を守ろうとするために、メラニン生成が活発になり蓄積していくのが普通の黒ずみの原因です。しかし、妊娠すると『母体が出産に備えて肌を守るためにメラニン生成が活発化する』ので、そのために陰部などがが黒ずでしまいます。

 

妊娠中に黒ずんだ箇所は産後しばらくするとターンオーバーが正常になって元の状態に戻ります。黒ずみは徐々に薄くなっていくものの、デリケートゾーン(外陰部)だけは、出産時に多くのダメージを受けているためどうしても色素沈着が残りやすく、そのまま黒ずんでしまいます。

 

加齢

 

肌の刺激や妊娠の他に加齢によっても黒ずみは発生してしまいます。年を重ねるにつれて血行や代謝も衰えて肌の新陳代謝も遅れがちになります。部位によって若干異なりますが、通常の肌は約28日周期で細胞が生まれ変わると言われています。30代あたりから肌の周期(ターンオーバー)が28日周期よりも遅れ始め、50代ではさらに2~3週間ほど遅れてきます。

 

30代を超えて黒ずみが目立ちやすくなるのはこのためです。肌の張りや弾力も失われるので一度沈着した黒ずみが落ちにくくなるのです。

 

自己処理

アンダーヘアの自己処理方法には、毛抜きやワックスで毛を抜く方法や、除毛クリームで毛を溶かして除去する方法など色々とあります。毛抜きでの処理は黒ずみを発生させやすいので気を付けなければいけません。アンダーヘアのように太い毛を引き抜くと、毛に繋がっている毛細血管を傷つけてしまい、出血や炎症(毛嚢炎)が発生する原因になります。処理後に埋没毛になるケースも多いのでおすすめできません。

 

デリケートゾーンの毛は、太くて黒いので処理した後にきちんとしたケアをしないといけません。毛を抜いた後の毛穴に雑菌が入り炎症を起こしてしまったり、脱毛時に皮膚が引っ張られて炎症を起こして黒いぶつぶつが出来てしまうこともあります。

 

デリケートゾーンの黒ずみ対策方法

 

自己処理するときは正しいやり方で行う

デリケートゾーンのムダ毛は、処理の仕方を間違えてしまうと黒ずみの原因になるので要注意です。『カミソリ』や『シェーバー』、『除毛クリーム』を使うと肌に刺激を与えてしまうので、なるべく負担の少ない『ペンタイプの電気シェーバー』や『レディース用のT字型カミソリ』でヘッドが動く3枚刃か4枚刃を選ぶといいですね。

 

刃が多い方が一気に剃れるので何度も肌へあてる必要がありません。そのため、負担が少なく安全に剃ることができます。粘膜付近のIライン(Iゾーン)はアンダーヘアの「長さ」を整えるだけにして、もし剃りたいのなら電気シェーバーを使うのがおすすめです。カミソリは皮膚の角質層を傷つけるのでやめましょう。

 

下着に気を付ける

 

ビキニラインの黒ずみは正しい下着選びで防ぐことができます。デザインがおしゃれで可愛いショーツはポリエステル製品が多いです。ポリエステルは化学繊維なので肌への摩擦を与えやすくダメージを与えやすいです。なるべく『綿100%』や『オーガニックコットン』や『シルク素材』のもので通気性のいいタイプのものを選びましょう。コットンやシルクは摩擦が少なく、やわらかいので肌に負担になりません。

 

また、ウエストゴムは締め付けないゴムなしのものや平たいゴムが使われているものを選ぶといいです。体を動かす機会が多い人はサイズは少しゆとりをもたせて選ぶといいですね。ボクサータイプのショーツは締め付けがないので摩擦も少なく黒ずみ対策には適しています。

 

デリケートゾーン専用の美白クリームを使う

最近ではデリケートゾーン専用の美白クリームを使って黒ずみケアする方法も人気です。AV女優のようなきれいな肌をキープできると女性から支持を得ているのでそういったアイテムを使ってみるのもおすすめです。

 

>>参考サイト:【効果なし?】イビサクリームの使い方を間違えた衝撃の私の口コミ!

 

美白クリームを選ぶ時は認可された美白成分が配合されていることと、肌の刺激となる添加物が配合されていないことに気を付けるといいですね。デリケートゾーンは皮膚が薄くてとても敏感な部分なのでなるべく安全で刺激のない成分のクリームを使わないと炎症を起こしたり、逆に黒ずみを悪化させてしまう原因になります。安易に選ぶと逆効果なので自分に合ったものを見つけることが大切です。口コミなどを参考にするのもいいと思います。